“クワ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:くわ
語句割合
50.0%
25.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
声 ……(中音に吟じながら)君不見漢家山東二百州、千村万落生荊杞、縦健婦耕犂クワ瀧畝ロワボウ東西……。
天狗外伝 斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
声 ……(中音に吟じながら)君不見漢家山東二百州、千村万落生刑杞、縦健婦耕犂クワ滝畝ロウボウ東西……。
斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
だから、クワの家に、奴隷ヤツコになつて住みこんだイニシヘアテびともあつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
又、クワクツの下に今一重別にはいてゐるので、下沓シタグツと言ふのだとすれば、此も亦あたりまへである。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)