“うつく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウツク
語句割合
96.2%
1.3%
0.8%
美麗0.5%
媚麗0.3%
秀麗0.3%
繊美0.3%
美観0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのしいはれてゐたを、ふと一小松すと、不思議なものでも見付けたやうに、くそれにらした。
日の光を浴びて (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
色彩に亢奮していた私の神経の所為か、花嫁は白粉を厚く塗ってしいけれど、細い切れた様な眼がキット釣上っている、それがまるで孤のに似ている。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
しき汝兄の命、かくしたまはば、の國の人草、一日千頭り殺さむ」とのりたまひき。
どこに一点汚れのないが、つんと隆い鼻の下の、八字の瑠璃と、照り合ひての美麗しさ。これだけにても一廉の殿振りを、眉よ眼と、吟味せむは。年若き女子に出来まじき事ながら。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
ことに、媚麗しい容色の階調を破壊しているのが、落着きのない眼と狭い額だった。法水は丁寧に椅子を薦めて
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
かつて、雑誌『明星』の五人の女詩人、鳳晶子、山川登美子、玉野花子、茅野雅子と並んで秀麗しいであって、玉琴の名手と聞いていた人の名をいって見た。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
それゆえたとい精神に異状を来たしていようが気狂いであろうが、あんな繊美しい女が狂人になっているとすれば、そんな病人になったからといって、今さらてるどころか、一層可愛い。
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
変えて西蔵国民ばかりでなく原始仏教の信仰者——トルキスタン人や錫蘭島人やボハラ人や暹羅人やキルギド人達の信者に依って極楽浄土の象徴かのように崇められるだけの美観しさを
喇嘛の行衛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)