芽は伸びるめはのびる
泉は、自分のかいこが、ぐんぐん大きくなるのを自慢していました。にやりにやり、と笑いながら、話を聞いていた戸田は、自分のもそれくらいになったと思っているので、おどろきはしなかったが、誠一は、ひとり感心していました。お母さんが、きらいでなければ …
作品に特徴的な語句
ふん だわら ぷん うえ じゅく 彼方あっち ゆる たい ぽん 明日あした 日本にっぽん ほう ばこ こま きゅう こわ いそが かれ いえ うば そと おぼ せい ひき なか ゆう にん もん さき あいだ あたま わた くるま はい 一人ひとり かた 物置ものおき 理科りか 生垣いけがき 生糸きいと 産業さんぎょう おとこ まち しろ 白雲しらくも いし 石炭せきたん やぶ わたし そら かぜ 競争きょうそう わら こた はこ かお 米屋こめや いと 菓子かし ちか はし 赤々あかあか あか 近所きんじょ 返事へんじ はなし とお つく 見送みおく 見守みまも あそ 見上みあ 西にし むし 翌日よくじつ