“愚癡”のいろいろな読み方と例文
新字:愚痴
読み方割合
ぐち90.9%
ヲコ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
教化せんとするがなお不足である。法性寺の空阿弥陀仏は愚癡であるけれども、念仏の大先達として普く化道が広い。わしが若し人身を
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
しかも彼はこれに愚の字を加えて自己の号としたのである。愚は愚癡である。すでに禿の字はもと破戒を意味している。
親鸞 (新字新仮名) / 三木清(著)
水たまる 依網の池に くり へけく知らに 堰杭つく川俣の江の 菱殻の刺しけく知らに、我が心し いや愚癡にして(大鷦鷯命——日本紀)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)