“好晴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうせい66.7%
ひより33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
連日の好晴に、霜解けのもおおかた乾いて、街道にはところどころ白いも見えた。につつまれて、の雪がおぼろげに見える両毛の山々を後ろにして、二人は話しながらゆるやかに歩いた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
空も水も、澄みきった好晴の日であったが、浪はかなり高かった。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
泉水のの花あやめもあでやかだが、向うの築山にたった一輪火のように燃えているのは、あまりの好晴に気の狂った早咲きの柘榴と見える——江碧島逾白
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)