“ひより”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
日和99.5%
好晴0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式台の下には、な女下駄や、日和や、駒下駄や草履が、いっぱいに並んでいた。取次について、長い一間廊下を、書院まで通ると
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、尼か、このくらい悟り得ない事はない。「お日和で、坊さんはお友だちでよかったけれど、番傘はお茶を引きましたわ。」
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
泉水のの花あやめもあでやかだが、向うの築山にたった一輪火のように燃えているのは、あまりの好晴に気の狂った早咲きの柘榴と見える——江碧島逾白
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)