“ひなた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
日向82.7%
日南9.7%
2.5%
日陽1.4%
陽向1.1%
日和0.6%
日表0.6%
太陽光0.3%
日常0.3%
陽南0.3%
陽当0.3%
雛太0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つくこをいでつて日向けてついてた。お勘次一寸なくつたのでしかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ガラツ八の八五郎が、鼻の頭から襟へかけての汗を、肩に掛けた手拭の端つこで拭きながら、枝折戸を足で開けて、ノツソリと日南に立ちはだかるのでした。
◎私も蔭になりになり色々龍馬の心配をしたのですからセメて自分の働た丈の事は皆さんに覚えて居て貰い度いのです。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
とか何とかき立てながら、口を割るようにして、日陽臭いなおし酒を含ませたので、福太郎は見る見る顔が破裂しそうになるくらい真赤になってしまった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
お母さんは自転車を洗い終ると、店先きの陽向に干して、おじさんに茶を入れて出しました。
(新字新仮名) / 林芙美子(著)
野のに背を後ろに日和ぼっこをして、ブンブン糸繰をくっている猫背の婆さんもあった。名代の角の饂飩屋には二三人客が腰をかけて、そばの大釜からは湯気が白く立っていた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
背を刺すような日表は、蔭となるとさすが秋の冷たさがっていた。喬はそこに腰を下した。
ある心の風景 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
北枕なぞを喰うた後で、外へ出て太陽光に当ると、眼がうてフラフラと足が止まらぬ位シビレます。その気持のえ事というものは……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
其頃着手の無いインパネスの一倍いのをて雑誌を持つてる、ヅボンとれて、柳原仕入染返ヘルだから、日常に出ると紫色に見える穿いて
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
昼間、藁部屋陽南といっしょににぬくとまりながら、鳴らしているときは、木之さんも年を喰ったと村人が見て通った。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
やっていればよかったんですよ。まるで、もぐらもちが陽当に出て行ったようなもんで、いい世間のもの笑いですよ。
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
『ちよいと、旦那、あなた○○さんでせう』と十六歳の半玉雛太に看破されてしまつた。
小熊秀雄全集-15:小説 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)