“ひな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒナ
語句割合
52.3%
42.4%
比奈0.9%
日済0.6%
0.6%
辺鄙0.6%
雛鳥0.6%
0.3%
日南0.3%
梭投0.3%
田舎0.3%
雛仔0.3%
鳳雛0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何や……怪我貴方は何やかて、美津さんは天人や、その人の夫やもの。まあ、二人して装束をお見やす、を並べたようやないか。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たけてしかもに隱れ住む、すこし世帶やつれのした若い母が、窓のきはで機を織つてゐる夕暮れ、美しい都の姫がたづねてくる。
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
比奈が世話をしてゐる越中屋の金六は、八五郎が調べたところでは、間違ひもなく眞物の病人だといふのが、二つの事件の違ひでもあります。
銭形平次捕物控:239 群盗 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
掃溜に鶴の降りたような清純な感じのするのが、幾日かった日済しの金——といっても、に差した鳥目を二本、で隠してそっと裏口から覗くと、開けっ放したままの見通しの次の間に
おきて 青によし 平山越えて いかさまに 思ほしけめか さかる にはあれど 石走る 淡海の国の ささなみの 大津の宮に 天の下 知ろしめしけむ すめろぎの 神のみことの 大宮は ここと聞けども 大殿は ここといえども 立つ 春日かきれる 夏草香 くなりぬる ももしきの大宮処 見ればかなしも。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
旗を天下に吹靡かすことも成ろうに、大禄を今受けたりとは申せ、山川遥に隔たりて、王城を霞の日に出でても秋の風にを吹かるる、白川の関の奥なる奥州出羽の辺鄙に在りては
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
(そちらでは、よい雛鳥がいくらでも後からるのだから)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
烏賊乾してただくさき当別荒磯の照りよ今は急がむ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黒い前髪、白い顔が這うばかり低く出たのを、蛇体と眉もめたまわず、目金越の皺が、日南にとろりとと伸びて
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小母さん頂戴な」「其蟲頂戴な」とくうちに、は、しいげず、かに、鷹揚に、そして姿いて、水馬細波く、ツツツと涼傘を、梭投げにくとふと
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
竿竹売の田舎びた太い声に驚かされて、犬の子は吠え、日に曝した雨傘のかげからは雀がぱっと飛び立つなど
巷の声 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それをちょっと比喩えてみるなれば、柔い黄色の羽根がやっと生えそろったばかりのカナリヤの雛仔を、ソッとのうちに握ったような気持、とでも云ったなら
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
こう二人の鳳雛の手をつれて、家康に謁した。そして、旧領三千石安堵の墨付と共に
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)