“涼傘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひがさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“涼傘”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小兒こども四五人しごにんばら/\とつて取卷とりまいたときそでおとすやうに涼傘ひがさをはづして
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
仮初かりそめに置いた涼傘ひがさが、襤褸法衣ぼろごろもそでに触れさうなので、そっと手元へ引いて、
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)