“たいら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タイラ
語句割合
84.1%
平坦5.5%
2.8%
1.4%
扁平1.4%
平地0.7%
大良0.7%
安寧0.7%
平調0.7%
平静0.7%
皆平0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二万の御人数の、一万二千を以て、西条村の奥森のを越え倉科村へかかって、妻女山に攻めかかり、明朝卯の刻に合戦を始める。
川中島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
只今は川岸の土が崩れて余程平坦になりましたが、其の頃は削りなせる断崖で、松柏の根株へを打付け、脳を破って血に染ったなり落ると、下を通りかゝったは荷足船で
路は組みあげたりげたりしなければならないだろう。測量係りが水を蹴立てて、その岸この崖と歩いたところは、を渡して橋を架けねばならぬ場所でもあろう。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
白い著物・白い、手は、足は、すべて旅の装束である。頭より上に出た杖をついて——。このに来て、森の前に立った。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
ここは比較的に大きい岩が突出していて、に包まれたる岩の卓子のように扁平であった。巡査は松明を片手に這い寄ると、穴の奥から不意に一個の石が飛んで来た。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ほかの弾丸は、弾丸帯にキチンと並んでいて、一発も撃った形跡が無いし、弁当や水筒にも手がつけてないところを見ると、源次郎氏は、あの一本榎の平地へ登り着くと間もなく
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あのS岳峠の一本榎という平地の一角に在る二丈ばかりの崖から、谷川にちて死んでいる実松氏の屍体を、夜が明けてから通りかかった兎追いの学生連中が発見して、村の駐在所に報告したので
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
近江、越前の国境じい山嘯洪水があって、いつも敦賀——其処から汽車が通じていた——へく順路の、春日野峠を越えて、大良大日枝山岨断崕の海に沿う新道は、崖くずれのために
栃の実 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いてはいけませんよ。平調にもっておあるきなさいよ。道にまよった時はなおのこと、山は気を落ちつけて歩くにかぎります」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「年をとると、女でも顔がコワく成るで……どうかして俺は平静な心を持つように、持つように、と思って……こうして毎日自分の眉を撫でるわい」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
菓子は一度買って来いと云われて、名物の鶴の子を買って来た処が、「まずいなあ」と云いながら皆平げてしまって、それきり買って来いと云わない。今一つは馬鹿だということである。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
徳川中興の主、八代将軍吉宗、徳川最後の将軍慶喜、水戸烈公、徳川時代第一の賢相松平定信、林家中興の林、上杉鷹山公、細川銀台公の如き、近くは井伊直弼の如き、みな養子たらざるはなし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)