にわとり
石田小介が少佐参謀になって小倉に着任したのは六月二十四日であった。 徳山と門司との間を交通している蒸汽船から上がったのが午前三時である。地方の軍隊は送迎がなかなか手厚いことを知っていたから、石田はその頃の通常礼装というのをして、勲章を佩びて …
作品に特徴的な語句
引掛ひきがけ こわ おっし かわり から かたわ うかが しずか しも ちゅう しかり ひよこ 手籠たご たび つめ おおき ちがい いで しな きらい 外壁そとかべ 口説くどき つもり 北方きたかた うかがい 頬冠ほおかむり いい まばら 難有ありがと 雌雄めすおす すぐ 目見めみ かけ とも 雨覆あまおおい 渋紙しぶがみ 真向まむき とう つや とも 麻生あそう 南国なんこく ふる 領巻くびまき きたな いそが つか 吝嗇けち 達見たつみ はなはだ はるか へん しゃが 引籠ひきこもり 町中まちじゅう 柑子こうじ ろう さい ひま えん まば 明日あした 支那シナ 家毎いえごと なまり のぞ おれ かみ はかま 茄子なす こけ 花立はなたて 花柴はなしば 田圃たんぼ 田舎いなか 膳椀ぜんわん ひざ 胡瓜きゅうり 胡坐あぐら 背嚢はいのう さかな 股引ももひき 穿 竪縞たてじま
題名が同じ作品
(新字旧仮名)山村暮鳥 (著)