“鷹山”の読み方と例文
読み方割合
ようざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米沢は上杉氏の城下町、鷹山公の名君をきし都。そこは何よりも糸織の産地として著名であります。糸織というのは縒糸で織った絹織物のことであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
鷹山上杉治憲公が日向高鍋城主、秋月家より宝暦十年の頃十歳にして、米沢上杉家へ養子となって封を襲うた関係上、九州の特色ある玩具が奥州に移ったものと見られる。
土俗玩具の話 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
徳川中興の主、八代将軍吉宗、徳川最後の将軍慶喜、水戸烈公、徳川時代第一の賢相松平定信、林家中興の林、上杉鷹山公、細川銀台公の如き、近くは井伊直弼の如き、みな養子たらざるはなし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)