“鷹見”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鷹見”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
岡野等三人は中屋敷に帰つて、一同に鷹見たかみの処置を話して、偵察の結果を待つてゐると、鷹見が出向いて来て、大切の役目だから、手落のないやうにせいと云ふ訓示をした。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
私を見るや、政治科の鷹見たかみが、
あの時分 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)