“鷹匠頭”の読み方と例文
読み方割合
たかじょうがしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素破! 両剣士への合図か——と思うとそうではなかった。鷹匠頭が引率する鳥見組十二列が静々とご前へ現われて、厳粛なうちに華やかなお鳥追の式礼を済ます。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御飼場の千住小松川すじでおこなわれたもので、最初にとらえた鶴は、将軍の御前で鷹匠頭が左の脇腹を切り、臓腑を出して鷹にあたえ、あとに塩をつめて創口を縫いあわせ
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
長坂と鷹匠頭の小栗長右衛門が割って入って、ほどよく双方をめたが、おさまりそうにも見えないので、長坂の邸へ外記と喜太夫を連れこみ、小栗のほかに、小十人頭の奥山茂左衛門も呼んで
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)