“鷹匠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たかじょう68.2%
たかしやう9.1%
たかしょう9.1%
たかじゃう4.5%
たかじよ4.5%
たかづかひ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鷹匠が鷹を据えて通るのも、やがて冬の近づくのを思わせた。町へ出ると、草鞋を吊るした木戸番小屋で鰯を買っているのが見えた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
十二人の内四人は將軍と同じひをした近習連、四人は鷹匠、あとの四人は警衞の士で、微行とは言ひ乍ら、此時代にしては恐ろしく手輕です。
それまでは卑禄のお鷹匠であったということ、だから他の三河以来の譜代とは違って、僅々この十年来の一代のお旗本にすぎないということ
ヂュリ hist! ローミオー! hist!……おゝ、こちの雄鷹をば呼返鷹匠しいなア、囚人ゆゑれて、高々とはばぬ。
るべき民謠集に、金澤童謠して(のおしろに鷹匠る、あつちいてさい、こつちいてさい)としたるはきが、おしろにして(お)としたには吃驚なり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ながく翼を驅りてしかも呼ばれず鳥も見ず、あゝ汝下るよと鷹匠にいはるゝ鷹の 一二七—一二九
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)