日和ひなた)” の例文
が、と嫁との間は余り面白くないらしく、嫁はいつもおどおどと小さくなっていた。それを夫が、陰になり日和になりしてっているのは誰の眼にもわかった。
野のに背を後ろに日和ぼっこをして、ブンブン糸繰をくっている猫背の婆さんもあった。名代の角の饂飩屋には二三人客が腰をかけて、そばの大釜からは湯気が白く立っていた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)