“日和癖”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひよりぐせ75.0%
ひよりくせ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日和癖”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——日和癖ひよりぐせで、何時なんどきぱら/\とようもれないから、案内者あんないしや同伴つれも、わたし
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
日和癖ひよりぐせで星になるか、いずれともきまったら
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そのころの日和癖ひよりくせになっている驟雨とおりあめがまた来そうであった。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)