“大地震”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおじしん40.7%
おほぢしん33.3%
だいぢしん11.1%
おほなゐ7.4%
おおぢしん3.7%
だいじしん3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また実際その頃はもうあの大地震があってから、かれこれ一年あまり経った時分で、校長がこの問題を切り出した以前にも
疑惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
暴風雨から、ばつたりなくつた。それが、今年、しかもあの大地震暮方に、のやうにれてりついた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
九、 大地震場合には水道斷水するものと覺悟し、機敏貯水用意をなすこと。ひざる消防法をも應用すべきこと。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
「方丈記」にも「むかし斉衡の比かとよ、大地震ふりて、東大寺の仏のみぐし落ちなどして、いみじきことども侍りけれ」
日本天変地異記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
これも今度の大地震は一望の焦土に変らせてしまつた。
野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
数日後ニネヴェ・アルベラの地方をった大地震の時、博士は、たまたま自家の書庫の中にいた。彼の家は古かったので、書架れた。
文字禍 (新字新仮名) / 中島敦(著)