文字禍もじか
文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。 アッシリヤ人は無数の精霊を知っている。夜、闇の中を跳梁するリル、その雌のリリツ、疫病をふり撒くナムタル、死者の霊エティンム、誘拐者ラバス等、数知れぬ悪霊共がアッシリヤの空に充ち満ちている …
作品に特徴的な語句
こけら おそろ きょう など しょく がり けん あた きたな むな すさ 処刑しょけい いかり おのれ のろい たくみ けむり 沈黙ちんもく 毒気どっき さい みな 書洩かきも さら くもり くら 星占ほしうらない 穿うが 紙草パピルス ちぢ あや こわ かれ ほぞ あら そこな わか だれ 召使めしつか けん 今日きょう 凝視ぎょうし 俘囚ふしゅう くだ 累々るいるい もたら 熱烈ねつれつ つめ 物憶ものおぼ わし ねら 魔力まりょく 猟師りょうし たましい なお 獅子しし おどろ かざ ふる けもの かわら あご 疫病えきびょう 痲痺まひ 発掘はっくつ ころ 皆目かいもく 皮剥かわはぎ 皮膚ひふ にら だま 矛盾むじゅん れい はな めす 研鑽けんさん 硬筆こうひつ 隣人りんじん あお 碩学せきがく いの 種子たね 随分ずいぶん 符号ふごう 陰謀いんぼう 築山つきやま 身体からだ おそ 衣装いしょう しらみ むしば 躊躇ちゅうちょ 薄被ヴェイル こうむ うす