“中旬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかば75.0%
ちうじゆん7.7%
なかごろ7.7%
ちゅうじゅん3.8%
ちゆうじゆん1.9%
なか1.9%
はじめ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生計はますます困って来る。八月の中旬となった。或日万作が識人で同じ島の勘太郎という男が尋ねて来て、斯ういう話をした。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
印度洋氣※變化しいものはない、は五中旬しい心地よきしいが、日本暑中よりも一いのである。
与右衛門はそれでも女房のことを心配していたが、それは寛文十一年ちおが十三の八月まで生きてその月の中旬に死んだ。
累物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この月の中旬イルコックはニュージーランド川に一のさけがくだりゆくのを発見したので、毎日あみをおろしてさかんにさけを捕獲した。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
東京では一月中旬め、二月つて滿開し、三月上旬まできつゞけてゐます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
山林の夏出しに馬をやはり持って行っていたもの……それ等が九月中旬過ぎると、みんな帰ってきた。
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
私がて、逗子に居た時分その魔がさしたと云う事について、こう云う事がある、丁度秋の中旬だった、当時田舎屋を借りて、家内と婢女と三人で居たが、家主はつい裏の農夫であった。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)