“なかば”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナカバ
語句割合
73.4%
中旬11.6%
中央3.9%
半分3.6%
3.3%
半途1.2%
半旬0.6%
0.3%
中半0.3%
中腹0.3%
中間0.3%
中頃0.3%
半許0.3%
大半0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その主觀の情は、唯はれてかすかに響きいづるのみ。(同所)是れ豈逍遙子が所謂、我を解脱して世間相を寫すものにあらずや。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
「そうだなあ、ついでの事に、この月の中旬には、八幡宮のお棟上げがあるそうだから、それを見物してから帰ろうではないか」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかしゆかったろう、下掻を引いてをずらした、中央に柱が、肩にびた日をけて、朝顔はらりと咲きかわりぬ。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
広い客間の日本室を、雛段は半分ほども占領している。室の幅一ぱいの雛段の緋毛氈の上に、ところせく、雛人形と調度類が飾られてあった。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
たった一つの戸口の扉には外からがおろされてある。……キー、キー、キー、キー、天井はまで下りて来た。
日頃の主君に徴しても、いかにここまでの統業を半途にして世を去ることの残念であったかをも、惻々胸にむことが出来た。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十一月の半旬である、今朝の寒さはべつだった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はじめはみ、は驚いて、はその顔を見定めると、幼立に覚えのある、裏長屋の悪戯小憎、かつてその黒い目でんでおいた少年の懐しさに、取った手を放さないでいたのであったが。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さらば男の血を見たらむには、わが気力も昔に帰りてむかなぞ、日毎に思ひめぐらし行くうちに此の三月の中半の或る日の事なりき。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
斯程だから、食物もあるまいと四方見渡すと、して二三つた小高中腹に、一帶椰子、バナヽのがあつて、甘美しき果實垂折れんばかりに成熟してる。
半許下りかけたが、彼は何と思ってかハタと立ち止った。行きたくないからである。何か好い方法を考えたからである。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
申入候過日御約束致置候中川漁船の儀は来月四日と致度ては釣道具大半破損致し居候間夜分にても御閑の節御入来之上右釣道具御繕い直し被下候様奉願上候
ここに山部小楯針間の國のさされし時に、その國の人民名は志自牟が新室に到りてしき。ここにげて酒なるに、次第をもちてみな儛ひき。