“下掻”の読み方と例文
読み方割合
したがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしゆかったろう、下掻を引いてをずらした、中央に柱が、肩にびた日をけて、朝顔はらりと咲きかわりぬ。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
空にふらふらとなり、しなしなとして、按摩の手のに糸の乱るるがごとくれて、かしい上掻下掻、ただ卍巴に降る雪の中を歩行く風情になる。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その野分に、衣紋が崩れて、が乱れた。旦那の頭は下掻の褄を裂いたに、紅入友染の、膝の長襦袢にのめずって、靴足袋をぬいと二ツ、仕切を空へ突出したと思え。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)