“訳経師”の読み方と例文
読み方割合
やっきょうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(略)菩薩薩摩の薩は字原なり博愛堂『集古印譜』に薩摩国印は薛……とあり訳経師仮釈にて薛に二点添付したるを元明より産の字に作り字典は薩としあるなり唐には決して産に書せず云々
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)