“灾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さい33.3%
わざわい33.3%
わざわひ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ幽明の異趣、詭怪の多端、之に遇えば人に利あらず、之に遭えば物に害あり。故に大厲門に入りて晋景歿し、妖豕に啼いて斉襄す。禍を降し妖をなし、を興しをなす。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
『山海経』に崑崙の西に玉山あり西王母居る、〈西王その人のごとし、豹尾虎歯にして善く嘯く、蓬髪勝をく、これ天の厲(厲はなり)および五残(残殺の気なり)を司る〉。
比日天地、常に異なる事有り。思ふに朕が撫育百姓に於きて闕失せる所有らむか。今に使者を発遣しての疾苦を問はしむ。宜しく朕がを知るべし。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)