“殂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
83.3%
16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
之に遇えば物に害あり。大厲門に入りて晋景歿し、妖豕いて斉襄す。をなし、をなす。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
して後、諸兄これを遠ざけ外遊せしめたが、ガウルにき回教徒の兵を仮り来て兵を起し、諸兄を殺し(一二七九年頃)、マンクの尊号を得、世襲子孫に伝えたと。
天地反覆セント欲ス
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)