“重任”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゅうにん50.0%
ぢゆうにん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“重任”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あっ、うつんですか。こっちをうっちゃいやですよ。重任じゅうにんをおびて、ここにきているジム水兵がいるんですからね。見落としちゃいけませんよ」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
朕薄徳を以てかたじけな重任ぢゆうにんけたり。未だ政化をひろめず寤寐ごみにも多くづ。いにしへの明主は皆先業をくしてくにやすらかに人楽しみわざわひ除かれさきはひ至れり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)