“重宝”のいろいろな読み方と例文
旧字:重寶
読み方割合
ちょうほう88.6%
じゅうほう2.9%
ちようほう2.9%
ちやうほう1.4%
ちようはう1.4%
ぢゆうはう1.4%
ぢゆうほう1.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然し一方では重宝ちょうほうがられると同時に、いくらお金があっても、羽振りがよくっても、誰一人彼に媚を呈したり、惚れたりする者はありません。
幇間 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
佐助というのは、大勢の雇人やといにんの中でも、よく気のつく若い者で、住居の方でも重宝ちょうほうに使い、暇があると店のほうを手伝っていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
前「あゝ富彌、早速其の者を見たいな、ずっと連れてまいって予に見せてくれ、余程勇義なもので、重宝じゅうほうの皿を一時いちじに打砕いた気象は実に英雄じゃ、感服いたした早々此処これへ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
つまりマーシェンカの親父さんは、その重宝じゅうほうを娘にかけてやってから、こう言って聞かせたのだ、——『さあ娘や、これをお前に上げる。ついでに呪文を附けておこうね、——この品は錆も朽ちさすことなく、ぬすびとも奪うことなく、まんいち奪うたとしても、かならず業報あり。これは、とこしなえじゃ』とね。
「数多い御家来衆のなかで、井伊氏と本多氏と榊原氏とは実に天晴あつぱれの武勇で、この三人こそは御当家の重宝ちようほうかと存じまする。」
むかしより世の学匠がくしやうたちつたうつして重宝ちようほうせられき。
天下てんか重宝ちやうほうわしもつひこれかなんだ。」
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それを研究費を出して毎日試験管洗ひとは妙な男だと重宝ちようはうがられ、また軽蔑された。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
れ此「ユングフロイリヒカイト」は人間界の清潔、温和、美妙を支配する唯一の重宝ぢゆうはうなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
「しかし当家の重宝ぢゆうほうといへば、あながちこの三人には限らぬ、少し見積つても先づ十人はあるぞ。」