“重宝人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうほうにん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“重宝人”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この「ゲダイ」というは馬喰町の郡代屋敷へ訴訟に上る地方人の告訴状の代書もすれば相談対手あいてにもなる、走り使いもすれば下駄も洗う、逗留客の屋外囲そとまわりの用事は何でも引受ける重宝人ちょうほうにんであった。