“二重人格”の読み方と例文
読み方割合
ダブルパーソナリティー100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれ共又、他方から考うれば作に現れた芸術上の我と、然らざる平常の我とは別物であって、作家は二重人格であるべきものだと云った考えを持っているかも知れない。
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)