婦人と文学ふじんとぶんがく
婦人と文学 一、藪の鶯一八八六—九六(明治初期一) 二、「清風徐ろに吹来つて」(明治初期二) 三、短い翼一八九七—一九〇六(明治三十年代) 四、入り乱れた羽搏き一九〇七—一七(明治四十年代から大正初頭へ) 五、分流(大正前期) 六、この岸辺 …
作品に特徴的な語句
をなご あま いつはり 多数おほく ばかり 口惜くちを いず 何処いづこ いさぎ 雛妓しゃく くう えにし ぶん 調しら 孔子くじ 陋劣さも 時々じじ おこ おのれ いまだ よこたわ 半玉しゃく 襟止ブローチ から あか 無礼なめ ばかり てら おほ 窈窕えうてう 竪琴ハープ 足代あじろ 愁眉しうび 順当ノーマル 面変おもがは 因子ファクター 仲間ちゅうげん 坩堝かんか つど 女子をなご じつ 馴染なじ 少女をとめ おど 縷々るる 膾炙かいしゃ 菱華りやうくわ おどろ 黄楊つげ ひこばえ 飛沫しぶき 雙頬さうけふ こだま 赤壁せきへき けみ 長良ながら 水波すいは はし 山巓さんてん たけ なり 二十はたち 交々こもごも 偏頗へんぱ 分厘ふんりん いや 只管ひたすら 啼痕ていこん 天雲あまぐも 妝前せうぜん 嫋々じょうじょう 家来けらい おもむ 愈々いよいよ とざし 抑々そもそも 本善ほんぜん 一曲ひとふし 洋絃ぎたるらの 清風せいふう 漸々ようよう 濃妝のうせう ひし 生命いのち ほぼ 略々ほぼ