“啼痕”の読み方と例文
読み方割合
ていこん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「幸に濃妝をもつて妾が雙頬啼痕ふを得るも菱華は独り妾が妝前愁眉さざる殆ど稀なり」という文体である。
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)