“啼立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なきた66.7%
なきだ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るにったは、大空中もなうらさうによって、どもがかとうて、啼立つることであらう。
道が人気の絶えた薄暗い木立際へ入ったり、線路ぞいの高い土堤の上へ出たりした。底にはレールがきらきらと光って、虫が芝生に途断れ途断れに啼立っていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ヂュリ いや、ぢゃ、ぢゃ。しませ、う/\! 聞辛い、蹴立たましい高調子で、調子外れに啼立つるは、ありゃ雲雀ぢゃ。雲雀しいとは虚僞、なつかしい引分けをる。