“啼出”の読み方と例文
読み方割合
なきだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたの二階の硝子窓おのずから明るくなれば、青簾波紋うつ朝風に虫籠ゆらぎて、思い出したるように啼出蟋蟀の一声、いずれも凉し。
銀座の朝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
蟋蟀などの啼出した田圃側、それから柴車だの草刈男だのの通るしい林の中などを思出していた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
仔犬なんかだと、別れたお母さんの臭いでもするんだろう。クンクン啼出す事もあるが決して出て行こうとしないから安心だ。電車に乗っても発覚しない事が実験済みなんだから平気なもんだよ。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)