“硝子窓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ガラスまど62.3%
がらすまど36.1%
ボウルト1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り付きの角の室を硝子窓から覗くと、薄暗い中に卓子のまわりへ椅子が逆にして引掛けてあり、もかなりっている様子である。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
まず、窓際へゆっくり席をとって、硝子窓を思いッきり押しあける。と、こころよい五月の微風が、れかかるように流れこんで来た。
香水紳士 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
十八度位のがぶりで硝子窓に浪の飛沫夜眼にも白く砕けて見えた。低い機関の廻転が子守唄のように彼の耳に通った。為吉の坂本新太郎は暫らくしてすやすやとを掻き始めた。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)