“震災後”の読み方と例文
読み方割合
しんさいご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は——會費九圓九十九錢なるに起因する。震災後多年中絶してたのが、頃日區劃整理ばず、工事なしに復興した。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
扇子使ひのめて、默拜した、常光院閻王は、震災後本山長谷寺からの入座だとはつた。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
たちの近所にはまだなかつた。震災後發行れるのださうである。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)