ゼーロン
更に私は新しい原始生活に向うために、一切の書籍、家具、負債その他の整理を終ったが、最後に、売却することの能わぬ一個のブロンズ製の胸像の始末に迷った。——諸君は、二年程前の秋の日本美術院展覧会で、同人経川槇雄作の木彫「雞」「牛」「木兎」等の作 …
作品に特徴的な語句
ハイ しるし やく 武士つわもの ふか しら かたわ すみ こうむ むな 煙草シガレット たぐ ぎょ そこ 不断ただ ひかり きわ ほまれ きわ かか はず あるじ こうべ たぐ かす さま たが すすき 蓬々ほうほう あた ひそ まなこ まぶ 牡馬おすうま ぬら うつ しば 新羅しんら なぐ 折悪おりあし 戦人もののふ かか あわただ ひさし 古歌うた 口腔くち きら いと くら かつ きずつ 腑抜ふぬ 諄々じゅんじゅん たれ 出遇であ もと いぶか のぞ 見惚みと 見得みえ おお 利目ききめ まち あぶ 虚空こくう 藪蔭やぶかげ かえ 草鞋わらじ いばら にが 苛立いらだ 縦令たとい ろく たた 稍々やや 取縋とりすが やつ 納屋なや もと 厭世えんせい 緋縅ひおどし ゆる 凸凹でこぼこ そむ いや