石清虚せきせいきょ
雲飛といふ人は盆石を非常に愛翫した奇人で、人々から石狂者と言はれて居たが、人が何と言はうと一切頓着せず、珍しい石の搜索にのみ日を送つて居た。 或日近所の川に漁に出かけて彼處の淵此所の瀬と網を投つて廻はるうち、ふと網に掛つたものがある、引いて …
作品に特徴的な語句
ふるく よい くださ いは かへつ ふら だい さつ むかふ かへ つか 壮健さうけん かう あげ ちゞめ おほき さい けつし 三個みつゝ よろこば あらは どほ 水底すゐてい まつ たい おけ いつゝ しつ ふさ かう ある おほき にぐ れふ かたはら かつ かへ 詳細くはし 立去たちさつ たつ とう もつ たつ 亡父なきちゝ 姓名 あら たい なか おつ すこし 所謂いはゆ むちう おごそ しれ おなじ ことな きい みづか 如何どう めづら けん ぺん 判然はんぜん 湧出わきい わく ふれ たづ ばかり いへ 河水かすゐ 謝絶しやぜつ をか 御座ござい あふ きふ すゑ たつ 何卒どう とほ きた つい たまは 踪跡ゆきがた 驚愕びつくり れき ゆび うを いかり 掌中しやうちゆう うけたま かゝ をし ぬす ほし 拙者せつしや わざはひ 壽命いのち