“觀察”のいろいろな読み方と例文
新字:観察
読み方割合
くわんさつ54.5%
かんさつ27.3%
オブザベーシヨン9.1%
ベオバハツング9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にもならずてを義母におしてばかりんで内心一のきながら老人夫婦をそれとなく觀察してた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
地震計觀察すると、かういふ地下きの所在地るから、それからして岩漿貯藏されてゐる場所さが想像せられる。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
A 君の觀察は全く當つてゐる。それだから僕は物を書くたびに苦痛を感ずるのだ。人目は兎に角、自分が苦しいから、僕は一日も早く今日の態度を脱却したい。
三太郎の日記 第三 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)
そ世の中にて、觀察と云ひ、探究と云ふ心のはたらきには、一つとして歸納法の力をらざるものなし。人の著作を批評せむとするときも、先づ觀察し、探究せではかなはじ。是れ科學的手段なり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)