“内心”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ないしん96.6%
インナーハート3.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大方おおかた内心ないしんではわたくしこといまからでも鎌倉かまくらもどりたかったのでございましたろう。
しかしながらいまのこの人には、そんな内心ないしんにいくぶん自負じふしているというような、気力きりょくかげもとどめてはいない。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
一方、おかみさんは、主人しゅじんにむかっては、きっぱりと強がりを言ったものの、内心ないしんはやはり、きゃくのことが気になってしかたがなかった。
こうの百しょうは、内心ないしんずかしくおもっていたところですから、こういわれましたので、かおいろあかくなりました。
駄馬と百姓 (新字新仮名) / 小川未明(著)
篤実とくじつ外面げめんとし、奸慾かんよく内心ないしんとするを狼者おほかみものといひ、よめ悍戻いびる狼老婆おほかみばゝといふ。
而して此文の出づるや透谷は直ちに之れを弁駁して事業と云ひ、功績と云ふが如き具躰的の功を挙ぐるは文人の業に非ず、文人の業は無形の事、即ち人の内心インナーハートに関す、愛山の所謂いはゆる空を撃つが為めなりと言へり。
透谷全集を読む (新字旧仮名) / 山路愛山(著)