“人力車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんりきしゃ42.4%
くるま42.4%
じんりき9.1%
じんりきしや4.5%
りんりきしや1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が再びきながら、この築地居留地の図は、独り銅版画として興味があるばかりでなく、牡丹唐獅子の絵を描いた相乗人力車
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
白い髮の祖母さんから、子供まで、皆な國まで買切の人力車に乘つて出掛けました。姉の居た家には鷲津さんが入ることに成りました。
また歩かせられることかと、竹丸は稍拗ねかけて見たが、千代松は直ぐ其處の橋のから、今度は値切りもせずに合乘りの人力車を呼んだ。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
先頃大阪よりりしに、彼地にては人力車はれ、西京近頃までこれなき追々にて、四百六輌伏見には五十一輌なりとふ。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「横濱へ通ふ蒸氣は千枚張りの共車このへ通ふは人力車」の其頃は多少 exotiqeque であつた甚句の歌と共に
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)