“人力車屋”の読み方と例文
読み方割合
くるまや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時は三月で、まだ余寒がしく、ぶるぶる震えながら鹿沼在を出かけましたが、村端れに人力車屋が四、五人焚火をして客待ちをしております。