開化の良人かいかのおっと
いつぞや上野の博物館で、明治初期の文明に関する展覧会が開かれていた時の事である。ある曇った日の午後、私はその展覧会の各室を一々叮嚀に見て歩いて、ようやく当時の版画が陳列されている、最後の一室へはいった時、そこの硝子戸棚の前へ立って、古ぼけた …
作品に特徴的な語句
アムウル 愛情アムウル ひややか みっつ おろ ゆらめ いたま なまめか あきらか 女連おんなづ 鬼灯ほおづき ごく あかる 煉瓦レンガ はた そもそも なつか つめた にぎやか ことば ぬいとり なまめ 一反ひとそ 横顔プロフィイル あざやか やさ いまだ ことわ 醜聞スカンダアル かか 先達せんだって たくまし かえ とっ 彫刻ほり さいわ 巴里パリイ へり 寂然じゃくねん おびや 如何いかが かん 水靄すいあい 沓脱くつぬ 松浦まつうら 河岸がし そそ 洋妾らしゃめん 月代つきしろ 火入ひい ななめ さぐ 狂言きょうげん 眼鏡オペラグラス いま わたくし 御断おことわ おもむろ のち 素振そぶ はじ 細目さいもく 幕開まくあ おれ 寝衣しんい 花車きゃしゃ すか いにしえ 今日きょう 卓子テエブル 仮面かめん あいだ 韓国かんこく 虚偽きょぎ はるか 先達せんだっ つり かく 駒形こまかた 牡丹ぼたん 狼狽ろうばい 都合つごう いさぎよ 都座みやこざ よど 犠牲ぎせい 父子おやこ 釣枝つりえだ 煩悶はんもん 浅酌せんしゃく 版画はんが