“じき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
53.5%
10.3%
時期8.1%
時機5.9%
4.9%
自棄3.2%
磁器2.7%
自記2.2%
時季1.6%
時宜1.6%
侍姫1.1%
直接1.1%
磁気1.1%
仕切0.5%
地気0.5%
珥氣0.5%
磁氣0.5%
辞義0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
避ける工夫は仕てッた、殺すと早々逃たのだろう、余り智慧のしい男では無いと見える、此向なら捕縛すればに白状するだろう
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
したがって食物は、ただ口だけに必要なものではありません。眼にも、耳にも、鼻にも、みんな、すなわち食物が必要なのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
人生の、ひとつの、より輝かしい時期が、私にはじまつたと思つた——花やびと共に、荊棘や辛勞をも受けるであらう時期。
殺す時機因果づくだが斷念めて成佛しやれお安殿と又切付れば手を合せでも私を殺すのか二人の娘にまではともぞや/\と刄にるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
とぶっきらぼうの私も雪江さんだけには言いつけぬお世辞も不覚出て、机の上の毛糸のランプとランプを載せると
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
宗助一語に、あらゆる自暴自棄と、不平憎惡と、亂倫悖徳と、盲斷決行とを想像して、是等一角れなければならない坂井
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
に、かにじている菊之丞の、にもみまほしいまでにしくんだは、磁器のようにたかった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
彼と春岳との関係と彼が生活の大体とは『春岳自記』の文になり。その文に曰く
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
陽炎えてきます。ところによつて時季はむろんひますが、東京附近では三月中旬頃から五月頃までに、します。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
私は何と云ふべきであらう? あゝ時宜を得た滿足な答へを
この時今宵の曲の女王は、侍姫に扮せる二女優と共に場に上りぬ。紳士眉をめて、さては女王はなりしか、全曲は最早一錢の價だにあらざるべし、あはれジヤンネツテならましかばとつぶやきぬ。
明日の刻ごろまでに自身当寺へ来たるべし、かねてその方工事仰せつけられたきむね願いたる五重塔の儀につき、上人直接にお話示あるべきよしなれば、衣服等失礼なきよう心得て出頭せよと
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
が、磁気を帯びたように、両方から近づく。彼は、消えそうで消えないガスのをじっと見つめていようと思う。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
魚の貯えてある舟底の魚槽は、船尾を竹網仕切りにして、江の水が自由にすようになっている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
苦しさに堪えかねて、暫時路傍まるほどに、夕風肌膚を侵し、地気骨にりて、心地死ぬべう覚えしかば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
日輪の兩傍に現はるゝものを珥氣といふ類は、實に數限りも無いことであるが、此等も亦皆其の物より發する其の微分子の如きものを稱すると解して差支無い。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
この歸宅はどちらも大變樂しくも望ましくもなかつた。何等の磁氣も私が近づくにつれて引力を増して行くべき場所へ私を惹きつけることはなかつた。
さあ、御坊様御挨拶をなすつてさい、まあ、お辞義をおれかい。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)