“坂井”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかゐ50.0%
さかい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おい昨夜枕元きながしたのはぢやなかつたんだ。泥棒だよ。泥棒坂井さんのからりただ。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
其晩宗助には本多植木鉢坂井のブランコもなかつた。は十時半頃つて、萬象れたをかいた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ついこの間まではらな杉垣の奥に、御家人でも住み古したと思われる、物寂た家も一つ地所のうちにっていたが、崖の上の坂井という人がここを買ってから、たちまち萱葺を壊して
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)