“さかい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
35.7%
29.6%
20.1%
境界4.5%
酒井3.0%
茶会1.5%
1.0%
佐介1.0%
堺港0.5%
区域0.5%
国境0.5%
坂井0.5%
0.5%
村境0.5%
限界0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっき米原を通り越したから、もう岐阜県のに近づいているのに相違ない。硝子窓から外を見ると、どこも一面にまっ暗である。
西郷隆盛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そして、れて、おまけに少しくなりましたので、海岸の西ののあの古い根株やその上につもった軽石火山礫層の処に行きました。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
千古の恨みを吐き出して其の声は人間のを貫き深く深く冥界と相通ずるかと疑われる様な音である、余は感動せずに聞く事は出来ぬ
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
前は、黒板塀で境されて居たが、右隣りと左隣りの境界には、槙の木がまばらに植えられてあるだけで、自由に出入りすることが出来た。
好色破邪顕正 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「老臣がたは城へたてこもって防ぎ戦うがよろしいという御意見のようでござります。本多さま酒井さまはおし出して決戦するとせです」
死処 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
今十四日、吉良邸で年忘れの茶会が催された事は、もう確実で一点の疑いもない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
阿曾、大仏、長崎、佐介など、北条遺臣中でも歴々なを、いつまで未処分にしておくのはよろしくない。——王軍に抗した賊は、みなこのような末路ぞと、諸人に示すべきである。
日こそ違うが、同じ堺港を出た太郎左衛門船には、その後細川家の家士らがこぞって乗船した。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
泉州の堺港からは、その日も、赤間ヶ関へ通う船が、旅客や荷をれていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その日既に定まり、その月の数汝により、汝これが区域を立てて越えざらしめ給うなれば、これに目を離して安息を得させ、これをして傭人のその日を
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「へえ? ……なぜです。どうして支那の帝王を決めるのに、昔からなどの国境を侵して、われわれ漢民族をかしてきた異国の匈奴などと相談する必要があるのですか」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ついこの間まではらな杉垣の奥に、御家人でも住み古したと思われる、物寂た家も一つ地所のうちにっていたが、崖の上の坂井という人がここを買ってから、たちまち萱葺を壊して
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
人家の犬籬笆の間より人の来るを見て吠ゆ。宛然田家の光景なり。細径に従つて盤回すればおのづから金剛寺のに出づ。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
村境の土橋へ来たので、予は立ち留つて
大野人 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
人智なるものが、動物と、人間とのに、なる限界をなしておって、人間霊性し、程度まで、実際不死りをしているのです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)