“人智”の読み方と例文
読み方割合
じんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人智なるものが、動物と、人間とのに、なる限界をなしてつて、人間靈性し、程度まで、實際不死りをしてゐるのです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
建築耐震的考慮ふるとは、地震現象考究して、材料構造特殊改善ふることで、これは餘程人智發達し、社會進歩してからのことである。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
なほ人智がいよ/\發達人口がどん/\すにつれて、最後には奧山までもつて家屋橋梁器具機械汽車電車鐵道枕木電信電話といふように
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)