“枕木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まくらぎ94.1%
スリッパ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忽ち真暗な広い道のほとりに出た。もと鉄道線路の敷地であったと見え、枕木掘除いた跡があって、ところどころに水が溜っている。
寺じまの記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
黒い枕木はみなり、赤の三角や黄色の点々、さまざまのを見ている時、若いあわれなシグナルはほっと小さなためをつきました。
シグナルとシグナレス (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
日を追うて枕木の数はふえ鉄路は伸びた
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) / 広海大治(著)