“特殊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とくしゅ60.0%
とくしゆ30.0%
スペシャル10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その無技巧むぎこうの丸い眼と、特殊とくしゅの動作とから、復一の養い親の宗十郎は、大事なお得意の令嬢だから大きな声ではいえないがと断って
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そのうへ個人こじんには特殊とくしゆ性癖せいへきがあつて、所謂いはゆるきらひがあり、かふこのところおつきらところであり、所謂いはゆるたでむしきである。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
自分はやむをえず特殊スペシャルな問題を一般的ジェネラルくずしてしまった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)