“蓼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たで98.1%
タデ1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蓼”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学8.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
半分は水にひたされている大きい石のおもてが秋の日影にきらきらと光って、石の裾にはたでの花が紅く濡れて流れかかっていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「さあ、たでじゃなし、——何と言いますかね。Hさんは知っているでしょう。わたしなぞとは違って土地っ子ですから。」
海のほとり (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
元来タデはその味の辛いのが本領であって、『秘伝花鏡ひでんかきょう』にも「蓼ハ辛草也」とある。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
タデの属にハナタデすなわち花蓼というものが前々からあり、それが岩崎灌園いわさきかんえんの『本草図譜ほんぞうずふ』巻之十七に出ていて「ハナタデ、道傍に多し形青蓼に似て花淡紅色なり小児アカノマンマ」と呼ぶと書いてある。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)