“紅蓼”の読み方と例文
読み方割合
べにたで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
という、に見える市場の裏羽目に添って、紅蓼と、露草の枯れがれに咲いて残ったのが、どちらがその狐火小提灯だか、濡々れて、尾花にいで……それ動いて行く。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
塵も置かない綺麗事の庭の小さな池のに、手で一寸られるばかりな土に、紅蓼、露草、蚊帳釣草、犬ぢやらしなんど、雑草なみに扱はるゝのが、野山、田舎の髣髴として
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
兩方のふちをんで、雜草植込んだのが、やがて、蚊帳つりになり、露草になり、紅蓼になつて、のはじめから、朝露夕露、……姿れても、宿して、さへ
浅茅生 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)